隼人の旅の極意

旅を快適にするための情報や私流のテクニック、旅日記そして旅行に最適なレザークラフトを紹介します。


いつの間にか
私の部屋はアトリエと化している  (^^)


レザークラフトは
凝れば凝るほど 
必要な道具が半端なく増えていきます  (汗) 

例えば穴を空けたい場合
私はこれだけのポンチを用意しています

IMG_4347
 

さらにジャンパーホックボタンや
バネホックボタン
ハトメも色々とサイズが違う
なのでそれらを取り付ける場合は
それぞれに打ち具が必要になります。   ふ〜

IMG_4478
 
私の場合すべて手縫いです。
糸の両端に針を通して
交差しながら縫うので両手がふさがります。

IMG_3337
IMG_3338


レーシングポニーとかレーシングホースと呼ばれる
革を固定しておく道具が必要になりますが 

これは自作しました

IMG_2525
 

あ、縫う前に穴を空けなければなりません。

IMG_4482

キレイに縫えているでしょ?

IMG_3344
 

典型的なA型なので
こういった細かい作業には向いているのでしょうかね〜

他にも
こだわりのB型
時々A型が現れるAB型  (^^)
細かいことを気にしない大胆なO型の方も
向いていると思いますよ〜 

あれ?
なんだ、みんな向いているのか   (゚∀゚)アヒャヒャ


足りない革はまだ買っていませんが

できるところまでやっておこうかと

まずは
それぞれのパーツを完成させておきます


革はただ切るだけではなく
端をヘリ下ろしで削り

粗めのサンドスティック
細めのサンドスティック
そして極細目の1000番のサンドペーパーで整える

IMG_4305

 IMG_4306

そしてトコノールを塗り
ツヤが出るまでひたすら磨く


IMG_4307

これを全ての革のパーツに施します

角は丸く切りそろえておきます

IMG_4309


小さな角丸は彫刻刀で

大きな角丸は
秘密兵器の小丸くんを使います
使い方は企業秘密です (^^)

IMG_4310


準備が整ったら
刻印を打ちます

これも緊張します
均等に圧をかけないと
ここまでの苦労が水の泡


IMG_4312


IMG_4313

キレイに打てました ほっ

IMG_4318

もっとも緊張するのが表のメインの革への刻印
2箇所に打ちます


IMG_4320


IMG_4321


さてさて今日はここまで

縫いに入るのはまだまだ先です

その前にカードケースも作らなければなりません

一気にやると疲れるので
少しずつです


ちなみに
私が気に入って使っている革はヌメ革です

傷つきやすいですが
使い込んでゆくうちに味わいが出てきます

そもそも
なぜこのようなものを作る気になったのか?

今まで海外での仕事が多かったのですが

例えば
パスポートケースなどは自分にとって100点でなかった

チケットカウンター
荷物検査
出国手続き
搭乗口
到着して入国手続き
税関
・・・と、何度も何度も
パスポートを出したり入れたり

その度に思っていたこと

パスポートは
上に抜ける方がいい

そして
一回の渡航で
使うカードなど限られているのに
たくさんのカードが入っていて
パスポートケースは
カードの収納ケースになってしまっている

こうなっていたらいいのにな


・・・を、自分で作っちゃえ!と思い
実行している次第


過去10年間で70回以上の渡航歴

旅の極意を形にできたらいいな
と考えております





毎朝カフェラテを飲むのが日課ですが

なんか・・・可愛かったので (^^)

IMG_4289


癒されて和むひととき

そういう時間も大切ですね



さてさて
パスポートケース

革の裁断に入っております

革を切るのはめっちゃ緊張します 汗
1mm切り間違えただけでおじゃん
なので
大きいパーツは少し大きめに切って後で微調整


IMG_4288

昨日は細かいパーツ部分を裁断しました。


IMG_4292

裁断は、これだけではありません
まだまだ続きます

今日はこれからこれを切ります

IMG_4293

・・・が、革が足りない

バカですね〜

買ってこなくちゃ (汗)

このページのトップヘ